勝ちパターンに潜んだ「まさか」 守護神・阿部、痛恨の同点3ラン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】九回裏ヤクルト無死一、二塁、代打・内山壮真(手前)に3点本塁打を打たれ、肩を落とすオリックス・阿部=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影
【ヤクルト-オリックス】九回裏ヤクルト無死一、二塁、代打・内山壮真(手前)に3点本塁打を打たれ、肩を落とすオリックス・阿部=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影

 オリックスは終盤まで優位に試合を進めながら、自慢の救援陣が打たれた。

 3点リードの九回、5番手の阿部翔太は痛恨の同点3ランを浴びると、思わず両手を膝についた。今シリーズで2戦連続のマウンドだったが、悔しい結果に終わった。

 先発を任された山崎福也が4回無失点と好投したものの、中継ぎ陣に力があり、枚数も豊富なオリックスは五回から早くも継投に入った。

 今季フル回転してチームを支えてきた投手が次々と投入され、好投した。2番手・山崎颯一郎が2イニングを無失点でつなぐと、3番手・宇田川優希も七回を危なげなく抑えた。4番手・ワゲスパックは走者を背負ったが、最後は三振で切り抜け、八回までスコアボードに0を刻んだ。少ないチャンスで得点し、継投で逃げ切る。オリックスが今季得意とするパターンに持ち込んでいたが、「まさか」が待っていた。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文658文字)

あわせて読みたい

ニュース特集