特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

オリックス・山本由伸、2年連続で沢村賞受賞 史上6人目の快挙

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本シリーズの前日練習で投球練習するオリックスの山本由伸=神宮球場で2022年10月21日、北山夏帆撮影
日本シリーズの前日練習で投球練習するオリックスの山本由伸=神宮球場で2022年10月21日、北山夏帆撮影

 プロ野球草創期の名投手で太平洋戦争で戦死した沢村栄治投手を記念し、シーズンで最も活躍した先発完投型の投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が24日、東京都内であり、オリックスの山本由伸投手(24)が2年連続で選出された。連続受賞は2017、18年の菅野智之投手(巨人)以来、史上6人目の快挙となった。

 沢村賞の選考基準は①15勝以上②150奪三振以上③10完投以上④防御率2・50以下⑤200投球回以上⑥25試合登板以上⑦勝率6割以上――の7項目。山本は今季26試合で193回を投げて15勝(5敗)、2完封を含む4完投、205奪三振、防御率1・68、勝率7割5分で5項目をクリア。最多勝や最優秀防御率など先発投手の主要4タイトルを2年連続で独占した。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文569文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集