特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

「最も鮮烈、2012年の党首討論」野田元首相の追悼演説要旨/1

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
党首討論で発言を終え、持ち時間が終了したと思い立ち上がりかけた安倍晋三自民党総裁(左)を前に、発言する野田佳彦首相(右)=国会内で2012年11月14日、藤井太郎撮影
党首討論で発言を終え、持ち時間が終了したと思い立ち上がりかけた安倍晋三自民党総裁(左)を前に、発言する野田佳彦首相(右)=国会内で2012年11月14日、藤井太郎撮影

 野田佳彦元首相による、25日に行われた衆院本会議における安倍晋三元首相の国会追悼演説の要旨は以下の通り。

故 安倍晋三先生に対する追悼演説(抜粋)

 安倍晋三元内閣総理大臣は、去る7月8日、参院選候補者の応援に訪れた奈良県内で、演説中に背後から銃撃されました。搬送先の病院で全力の救命措置が施され、日本中の回復を願う痛切な祈りもむなしく、あなたは不帰の客となられました。

 享年67歳。あまりにも突然の悲劇でした。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文756文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集