特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

「勝ちっ放しはないでしょう」野田元首相の追悼演説要旨/2

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の泉健太代表らとの会談を終え、国会を出る野田佳彦元首相=東京都千代田区で2022年10月7日午前10時42分、竹内幹撮影
立憲民主党の泉健太代表らとの会談を終え、国会を出る野田佳彦元首相=東京都千代田区で2022年10月7日午前10時42分、竹内幹撮影

 野田佳彦元首相による、25日に行われた衆院本会議における安倍晋三元首相の国会追悼演説の要旨は以下の通り。

   ◇

 憲政の神様、尾崎咢堂(行雄)は、当選同期で長年の盟友であった犬養木堂(毅)を5・15事件の凶弾で喪いました。失意の中で、自らを鼓舞するかのような天啓を受け、かの名言を残しました。

 「人生の本舞台は常に将来に向けて在り」

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1244文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集