中国は本当に脅威? 防衛3文書、与党内で分かれる議論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ワーキングチームの初会合で発言する自民党の小野寺五典安保調査会長(奥中央)と公明党の佐藤茂樹外交安保調査会長(同左)=衆院第2議員会館で2022年10月19日午後3時1分、竹内幹撮影
ワーキングチームの初会合で発言する自民党の小野寺五典安保調査会長(奥中央)と公明党の佐藤茂樹外交安保調査会長(同左)=衆院第2議員会館で2022年10月19日午後3時1分、竹内幹撮影

 中国は本当に日本にとって脅威なのか――。政府が年末までに改定する外交・防衛政策の基本方針「国家安全保障戦略(NSS)」など安保関連3文書で、中国に対する情勢認識をどう記述すべきか、与党内で議論が分かれている。軍事的に台頭する「隣人」との向き合い方が問われている。【竹内望】

 安保3文書の改定に向け、自公は19日、実務者協議(WT)の初会合を開いた。自民は小野寺五典元防衛相ら、公明は佐藤茂樹外交安保調査会長らが出席した。日本を取り巻く安保環境は…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1339文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集