特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

水揚げ量が2年で10倍 福島県沖のトラフグ、ブランド化に地元期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トラフグの白身をそぐように切り、皿にきれいに盛り付ける鈴木光二さん=福島県相馬市中村の割烹「やました」で2022年10月18日午後3時3分、柿沼秀行撮影
トラフグの白身をそぐように切り、皿にきれいに盛り付ける鈴木光二さん=福島県相馬市中村の割烹「やました」で2022年10月18日午後3時3分、柿沼秀行撮影

 調理台に置いたトラフグの身を、細長い専用の「てっさ包丁」でスーッと手際よく切り、皿に円形に並べていくと、透き通った身が一層輝きを増した。「白身の王様です」。1984年創業の福島県相馬市の割烹(かっぽう)「やました」2代目、鈴木光二さん(40)は断言する。そのトラフグは今、県沖で水揚げ量を伸ばしており、鈴木さんを含め多くの人が「地元活性化の起爆剤に」と期待している。

 県水産海洋研究センターによると、2019年に2・8トンだった水揚げ量は、たった2年でほぼ10倍の27・8トンに膨れ上がっている。海水温の上昇や親潮、黒潮の海流の変化などが背景にあるとみられ、福島にとってトラフグは、上げ潮に乗れるかどうかの鍵を握っているともいえる。

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2035文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集