特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米露の軍制服組トップが電話協議 米側は露の「偽旗作戦」を警戒

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国旗(左)とロシア国旗
米国旗(左)とロシア国旗

 米軍の統合参謀本部は24日、ミリー議長とロシア軍のゲラシモフ参謀総長が同日に電話協議したと発表した。タス通信によると、ロシア国防省は、ウクライナが放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使用する危険性などについて議論したと発表しているという。米側は、ロシアの主張が自身の使用を正当化するために口実を捏造(ねつぞう)する「偽旗作戦」の恐れがあるとみて警戒を強めている。

 米軍の統合参謀本部によると、ミリー氏とゲラシモフ氏は安全保障に関する懸案事項を話し合い、意思疎通を維持することで一致したという。詳細は非公開とした。両氏の電話協議はロシアのウクライナ侵攻後では5月以来で、2回目となる。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文552文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集