各地で今季最低気温 広島で9.8度 寒気影響、落雷や突風に注意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影

 上空の寒気の影響で、西日本と東日本は25日夕にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意するよう呼びかけた。この日、各地で今季の最低気温となる地点が相次いだ。

 気象庁によると、上空約5500メートルに氷点下27度以下の強い寒気が流れ込んだ。発達した積乱雲が近づく兆しがあれば、建物内に避難するなど安全確保が求められる。

 25日朝までの最低気温は札幌市手稲区で氷点下3・0度、岩手県遠野市で同3・2度、山形県東根市で同1・0度と、いずれも12月上旬並み。

 …

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文374文字)

あわせて読みたい

ニュース特集