最年少9歳の囲碁プロ棋士、藤田怜央初段がデビュー戦黒星

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プロ棋士になり初の対局で敗れ、感想戦で振り返る藤田怜央初段=大阪市中央区で2022年10月25日午後2時16分、望月亮一撮影
プロ棋士になり初の対局で敗れ、感想戦で振り返る藤田怜央初段=大阪市中央区で2022年10月25日午後2時16分、望月亮一撮影

 史上最年少の9歳で囲碁のプロ棋士になった小学3年生の藤田怜央初段が25日、大阪市中央区の関西棋院でデビュー戦となる第48期新人王戦(しんぶん赤旗主催)予選1回戦を打ち、渡辺貢規四段(25)に敗れた。9歳6カ月での公式戦初対局は仲邑菫(すみれ)三段(13)が持っていた10歳1カ月の最年少記録を更新したが、初勝利は持ち越しに。終局後、同棋院を通じて「負けて悔しいが、渡辺先生は強かったです。次回は今日以上に頑張ります」とのコメントを発表した。

 藤田初段は今年7月、プロ棋士と試験碁を打って合格し、同棋院の「英才特別採用」第1号として9月1日付で棋士になった。プロ入り時の年齢(9歳4カ月)も仲邑三段の10歳0カ月を更新する最速記録だった。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文769文字)

あわせて読みたい

ニュース特集