ペット同伴避難所導入へ 災害時も「屋内で一緒に」 愛知・犬山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
愛知県犬山市
愛知県犬山市

 災害時の避難所でもペットと屋内で一緒に――。愛知県犬山市は12月から災害時に飼い主とペットが屋内で一緒に過ごす「同伴避難」ができる避難所を導入する。県災害対策課担当者は「県内では初めて聞く先進的取り組み」としている。

 市によると、市内に33ある指定避難所のうち3カ所に導入する。避難所内の一部に同伴避難専用の部屋を用意し、ペットはケージなどを利用して、他の避難者へ配慮する。

 同市ではこれまでもペットを連れた避難は可能だったが、飼い主は避難所内、ペットは屋外の「同行避難」で、一緒に過ごすことはできなかった。同行避難では避難所に行かないという飼い主もいることから、同伴避難を可能にして災害時の避難を促す。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文509文字)

あわせて読みたい

ニュース特集