佐賀・東明館高校野球部監督がパワハラ 21年夏の甲子園に初出場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
野球部監督が部員にパワハラ行為をしていたと発表した東明館高校=佐賀県基山町で2022年9月12日午後3時24分、斎藤毅撮影
野球部監督が部員にパワハラ行為をしていたと発表した東明館高校=佐賀県基山町で2022年9月12日午後3時24分、斎藤毅撮影

 私立東明館高校(佐賀県基山町)は25日、30代男性の野球部監督が常態的に部員らに暴言を吐くなどのパワーハラスメント行為をしていたとして、教員として停職7日の懲戒処分にしたと発表した。監督は2019年8月に就任し、21年夏には同校初の甲子園出場に導いた。

 9月中旬に同校にあった情報提供では、監督が部員に暴言や威嚇を繰り返し精神的苦痛を与えているなど5項目の指摘があった。同校はこれを受け、監督や部長、全部員…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

ニュース特集