那覇軍港の浦添市移設計画 沖縄県が埋め立て案を容認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の移設が予定される沖縄県浦添市の西海岸=2021年11月20日午後3時8分、本社機「希望」から
米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の移設が予定される沖縄県浦添市の西海岸=2021年11月20日午後3時8分、本社機「希望」から

 日米両政府が返還合意している那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港、約56ヘクタール)の沖縄県浦添市への移設計画を巡り、沖縄県は25日、浦添市沿岸部にハンマーの形をした「丁字形」の埋め立て代替施設(約49ヘクタール)を建設する防衛省の計画案を容認した。防衛省が同日、オンラインで開催した県と那覇、浦添両市などとの移設協議会で表明した。県は、代替施設を利用した米軍機の訓練や離着陸など基地機能を強化しないことや、環境保全に最大限配慮することなどを申し入れた。

 那覇軍港は那覇市中心部にあり、米軍が物資の積み下ろしなどに使用。2月には海兵隊が輸送機オスプレイを使った訓練を実施した。日米両政府は1974年に移設を条件として返還に合意し、95年に移設先を浦添市沿岸部と決めた。返還時期は「2028年度またはその後」とされたが、計画は既に8年遅れている。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文654文字)

あわせて読みたい

ニュース特集