JR福知山線事故 車両保存施設の完成1年延期 11月に説明会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR西日本のマーク=平野美紀撮影
JR西日本のマーク=平野美紀撮影

 乗客106人が死亡した2005年のJR福知山線脱線事故で、JR西日本が事故車両を保存するため大阪府吹田市に整備する新施設の完成時期が、当初予定していた24年秋ごろから1年ほど延びる見通しとなったことが25日、分かった。同社は11月に遺族らを対象にした説明会を開いて施設の詳細や今後のスケジュールを伝…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集