特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

「右」だけが並ぶオリックス 新「必勝パターン」でシリーズに挑む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】五回裏ヤクルト1死一塁、山田を併殺打に打ち取り喜ぶオリックスの2番手・山崎颯=神宮球場で2022年10月23日、猪飼健史撮影
【ヤクルト-オリックス】五回裏ヤクルト1死一塁、山田を併殺打に打ち取り喜ぶオリックスの2番手・山崎颯=神宮球場で2022年10月23日、猪飼健史撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」の第3戦が25日、京セラドーム大阪で行われた。

 オリックスの中継ぎ投手の顔ぶれで、目を引くことがある。第1戦ベンチ入りの救援陣8人、第2、3戦の9人、全員が「右」の投手であることだ。

 ヤクルトは史上最年少3冠王でシーズン56本塁打を放った4番・村上宗隆を擁する。村上をはじめとする左の強打者に対して、左投手のワンポイント起用も有効な対策となりそうだが、オリックスはそうした作戦をとっていない。

 並ぶのは、豪速球が持ち味の投手たち。160キロ近い直球で攻め込む山崎颯一郎や、宇田川優希、ワゲスパック、阿部翔太ら、思いきりの良さが光る右腕がそろう。オリックス救援陣の魅力は「左対左」などの定石に頼らず、「速さ」と「強さ」で押し切ることができるパワー。レギュラーシーズンからその持ち味を貫いて、勝ち星を積み重ねてきた。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文699文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集