4勝を記録の武内夏暉が最高殊勲選手 東都大学野球秋季リーグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 東都大学野球秋季リーグの表彰選手が25日、担当記者14人の投票で選ばれ、4勝を記録した武内夏暉が初の最高殊勲選手に選ばれた。救援で3勝を挙げた楠茂将太が初の最優秀投手。首位打者は田中大貴(以上国学大)が打率3割2分6厘で獲得し、最優秀防御率は0・29をマークした草加勝(亜大)が輝いた。

 ベストナインは次の通り。丸数字はそのポ…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文308文字)

あわせて読みたい

ニュース特集