特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

オリックス、打線つながらず 頂点への道のり険しく シリーズ第3戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】四回裏オリックス2死二、三塁、空振り三振に終わりベンチに戻る杉本=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影
【オリックス-ヤクルト】四回裏オリックス2死二、三塁、空振り三振に終わりベンチに戻る杉本=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

○ヤクルト7―1オリックス●(25日・京セラ)

 点を取れなければ、いくら投手陣が好調でも勝つことはできない。オリックスは地元・大阪に戻っても打線が本来の力を発揮できず、痛い敗戦。26年ぶりの日本シリーズ制覇へ向け、苦しい状況になった。

 四回、吉田正尚、宗佑磨のヒットで好機を作り、2死二、三塁で杉本裕太郎が打席に入った。しかし内角直球と外角の変化球でカウントを整えられると、最後は高めの内角直球に力なく空振り三振。この試合で最大のチャンスを逃すと、直後に先制を許し主導権を握られた。

 杉本は第1戦でも内角直球に三振を喫していた。昨年の日本シリーズMVPに輝いたヤクルトの捕手・中村悠平に内角が苦手であることを見抜かれ、徹底的に攻められている。追い込まれる前に手を出そうとしても外の変化球で誘われ、思うような打撃をさせてもらえていない。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文724文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集