特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

オリックス宮城 五回痛い被弾 「一番良くない投球」 シリーズ第3戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田に左越えの3点本塁打を許し立ち尽くすオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田に左越えの3点本塁打を許し立ち尽くすオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

○ヤクルト7―1オリックス●(25日・京セラ)

 プロ野球の日本一を懸けた、「SMBC日本シリーズ2022」の第3戦が25日、京セラドーム大阪であり、ヤクルトが7―1でオリックスに快勝し、通算対戦成績は2勝1分けとなった。

 緩急も制球も自在だったが、五回に捕まった。オリックスの先発左腕・宮城大弥は日本シリーズで不振だったヤクルトの山田哲人に痛恨の一発を浴び、顔をゆがめた。

 登板前は「めっちゃ緊張しています」と話していたが、何のその。一回から内外角を突く制球と、カーブを有効に使った緩急で持ち味を発揮し、四回まで2安打に抑えた。「打てば雰囲気がガラッと変わるのでホームランを打たれないようにだけはしたい」と警戒していた村上宗隆の第1打席は内からカーブを入れて追い込み、最後は厳しい内角の直球でバットを真っ二つに折って投ゴロに抑えるなど、スイスイと回を進めていくかに見えた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文673文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集