特集

立憲民主党

立憲民主党に関するページです。

特集一覧

妊娠中に街頭活動 立憲・神奈川県連、ハラスメント被害の訴え相次ぐ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立憲民主党
立憲民主党

 立憲民主党神奈川県連の女性地方議員が、マタニティーハラスメントやパワーハラスメントの被害に遭ったと訴えるケースが相次いでいる。県連の男性議員から妊娠中に街頭活動を求められたり、公認権をちらつかせて泉健太代表への支持を強要されたりしたなどと主張。立憲は「ジェンダー平等」や「ハラスメント禁止」を掲げており、問題が長引けば痛手だ。県連はハラスメントに対応する委員会の設置に動くなど対策に乗り出した。  横浜市の大野知意(ともい)市議は9月に記者会見を開き、5月に党本部に対してハラスメント調査を申し立てたことを明らかにした。2021年8月に実施された横浜市長選で、当時出産間近だったにもかかわらず、同党の男性衆院議員から街頭活動を求められたことが「マタハラに当たる」と主張。産休取得を伝えたが、「毎週水曜、計3時間以上、駅頭で200枚以上のビラ配布」を担当するシフト案が作成されたとしている。  大野氏はこの要請を断ったが、大野氏が所属する立憲の支部は今年4月、大野氏の「活動量が足りない」との理由で来春の横浜市議選の公認申請を県連に上申しないと決めたという。大野氏は「女性が妊娠、出産などで活動が一時的に停滞することを許容してほしい」と訴えた。  一方、マタハラを訴えられた格好の男性…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1356文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集