寺田氏、収支報告書のミス認め謝罪 文春報道受け答弁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で立憲民主党の後藤祐一氏の質問に答える寺田稔総務相=国会内で2022年10月26日午前10時21分、竹内幹撮影
衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で立憲民主党の後藤祐一氏の質問に答える寺田稔総務相=国会内で2022年10月26日午前10時21分、竹内幹撮影

 寺田稔総務相は26日午前の衆院政治倫理・公選法改正特別委員会(倫選特)で、関係する政治団体が、収支報告書に故人を会計責任者として記載していたとする「文春オンライン」の報道について「私が代表の政治団体でない別団体。その事務処理の詳細も承知していない」と指摘したうえで「私を支えてくれる団体で、ミスが生じたことについてはおわびしなければならない」と謝罪した。立憲民主党の後藤祐一氏への答弁。

 政治団体は「寺田稔竹原後援会」。寺田氏は、後援会の2019年と20年の収支報告書に、19年10月に死亡した会計責任者の氏名が記載されていたと説明した。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文489文字)

あわせて読みたい

ニュース特集