特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ復興へ国際会議 継続的な枠組みへ 日本も支援を約束

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ブリュッセルの欧州委員会本部ビル
ブリュッセルの欧州委員会本部ビル

 主要7カ国(G7)の議長国ドイツと欧州連合(EU)欧州委員会は25日、ベルリンでロシアの侵攻を受けるウクライナの復興に向けた専門家会議を開き、国際社会による支援の枠組み作りを進めることを確認した。岸田文雄首相はビデオメッセージで、日本独自の知見を生かした支援をすると約束した。  会議にはウクライナからシュミハリ首相らも出席。ドイツのショルツ首相は「新たなマーシャル・プラン(第二次大戦後の欧州の復興計画)は今すぐ始めなければならない課題だ」と強調した。  日本は来年のG7議長国。岸田氏は、東日本大震災からの復興に向けた取り組みの経験を踏まえ「がれきの分別や再利用の技術などをウクライナ政府と共有する」と述べた。  会議にはウクライナのゼレンスキー大統領もオンラインで参加し…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文849文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集