日米韓の外務次官が協議 北朝鮮対応などを議論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
協議前に握手する(右から)ウェンディ・シャーマン米国務副長官、森健良外務事務次官、趙賢東(チョ・ヒョンドン)韓国外務第1次官=東京都港区の飯倉公館で2022年10月26日午前9時55分(代表撮影)
協議前に握手する(右から)ウェンディ・シャーマン米国務副長官、森健良外務事務次官、趙賢東(チョ・ヒョンドン)韓国外務第1次官=東京都港区の飯倉公館で2022年10月26日午前9時55分(代表撮影)

 日米韓3カ国の外務次官協議が26日午前、東京都内で開かれた。核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応や、法の支配などを重視する「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力などについて話し合う。

 協議には外務省の森健良事務次官、米国務省のシャーマン副長官、韓国外務省の趙賢東(チョ・ヒョンドン)第1…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

あわせて読みたい

ニュース特集