特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

マスク着用拒否しピーチ機緊急着陸 懲役4年求刑 大阪地裁公判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ピーチ・アビエーション機
ピーチ・アビエーション機

 ピーチ・アビエーションの飛行機内でマスク着用を拒んで客室乗務員らとトラブルになり、緊急着陸させたなどとして、威力業務妨害や傷害などの罪に問われた元大学職員、奥野淳也被告(36)の論告求刑公判が26日、大阪地裁(大寄淳裁判長)で開かれ、検察側は「執拗(しつよう)で悪質な行為だ」として懲役4年を求刑した。弁護側は無罪を主張して結審した。判決は12月14日。

 起訴内容は2020年9月7日、釧路空港から関西国際空港に向かう機内で乗務員らを大声で威圧し、新潟空港に緊急着陸させてピーチ社の業務を妨害したなどとされる。乗務員の女性は腕をひねり上げられて約2週間のけがをした。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文476文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集