特集

第72期王将戦

第72期ALSOK杯王将戦の特集ぺージです。記事、動画、棋譜、写真特集などで歴史的対決の様子をお伝えします。

特集一覧

羽生善治九段が4連勝、独走態勢 渡辺名人を降す 王将戦リーグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
王将戦リーグで渡辺明名人(左)に勝ち、対局を振り返る羽生善治九段=東京都渋谷区の将棋会館で2022年10月26日午後6時21分、丸山進撮影
王将戦リーグで渡辺明名人(左)に勝ち、対局を振り返る羽生善治九段=東京都渋谷区の将棋会館で2022年10月26日午後6時21分、丸山進撮影

 藤井聡太王将(20)への挑戦者を決める第72期ALSOK杯王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛)の渡辺明名人(38)―羽生善治九段(52)戦が26日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された。ただ一人無敗の羽生九段は千日手指し直しの末、渡辺名人を降して4連勝とし、他の棋士と2勝以上の差を付けて独走態勢に入った。全6局を戦い、このまま首位で終えれば、羽生九段はタイトル獲得通算100期目への挑戦になると同時に、「藤井王将対羽生九段」という世代を代表する棋士同士のタイトル戦が実現する。

 対局は午前10時に羽生九段の先手で始まったが、正午前に千日手が成立。昼食休憩をはさんで午後0時40分から指し直し局が始まった。後手番になった羽生九段は、同じく後手番だった前局の近藤誠也七段戦(26)に続いて横歩取りに誘導し、ひねり飛車で先手陣を翻弄(ほんろう)する作戦に出た。渡辺名人は後手の攻めの主力である飛車の押さえ込みを図ったが、羽生九段が巧みにその狙いを外して優勢に立ち、渡辺名人を投了に追…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文859文字)

【第72期王将戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集