特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

大勝の裏で…ヤクルト村上が見せた「次の1点」への執念 日本シリーズ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】七回表ヤクルト2死満塁、押し出しの四球を選び、一塁へ向かう村上(投手・竹安)=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影
【オリックス-ヤクルト】七回表ヤクルト2死満塁、押し出しの四球を選び、一塁へ向かう村上(投手・竹安)=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」(4戦先勝方式)は25日、京セラドーム大阪で第3戦があり、2年連続7度目の日本一を狙うヤクルトが、26年ぶり5度目の頂点を目指すオリックスに7―1で快勝した。対戦成績はヤクルトの2勝1分けとなった。

 劇的な形で試合が動いた。五回、不振に苦しんでいたヤクルト・山田哲人が先制3ラン。ヤクルトにとってはこれ以上無い形だが、こういう時こそ「次の1点」が大切になる。その姿勢を攻守で全うしたのが4番・村上宗隆だった。

 3―0で迎えた六回裏のオリックスの攻撃。1死から4番・頓宮裕真を迎えた場面だ。引っ張った打球は三塁線を襲う強烈なゴロ。横っ跳びで村上が好捕した。打者の走力も考え、起き上がった後の落ち着いたツーバウンド送球も心憎い。抜けていれば長打だっただけに見事なファインプレーとなった。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文678文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集