特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

高津監督、山田1番起用「朝起きた瞬間に決めた」 シリーズ第3戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】試合前に整列するヤクルトの高津臣吾監督=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影
【オリックス-ヤクルト】試合前に整列するヤクルトの高津臣吾監督=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

 プロ野球の日本一を懸けた、「SMBC日本シリーズ2022」の第3戦が25日、京セラドーム大阪であり、ヤクルトが7―1でオリックスに勝ち、通算対戦成績は2勝1分けとなった。試合後の高津臣吾監督の主なコメントは次の通り。

 ヤクルト・高津臣吾監督

 ――先発の高橋奎二投手は6回無失点。一回に先頭打者に四球を出したが、崩れずしっかり試合を作った。

 ◆力まないように、力を入れすぎないようにという感じには見えた。立ち上がりは合わなかった部分もあるが、徐々に変化球でも腕を振れるようになってきたし、制球もできるようになってきた。回を追うごとにそういうふうになってきたのかなと思う。立ち上がりはあんまりよくなかったね、今日は。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文908文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集