特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

オリックス・杉本、意地の先制適時打 長いリーチ生かす 日本S

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】三回裏オリックス2死二塁、杉本が先制となる左前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月26日、藤井達也撮影
【オリックス-ヤクルト】三回裏オリックス2死二塁、杉本が先制となる左前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月26日、藤井達也撮影

○オリックス1―0ヤクルト●(26日・京セラ)

 昨季の本塁打王がこのまま黙っているわけにはいかない。オリックスの杉本裕太郎は同じ倒れ方はしまいと、意地の先制適時打を放った。これが決勝打になった。

 三回2死二塁で迎えた第2打席。ヤクルト先発の石川雅規が投じた110キロのチェンジアップをバットの先で拾った。深めに守っていた左翼手の前で打球が弾み、二塁走者が先制のホームを踏むと、ここまで3戦未勝利の重苦しい雰囲気を吹き飛ばすように京セラドームが拍手で沸いた。

 随一の好打者・吉田正尚が出塁した時に、いかに後の打者が打つか、その力量が問われていた。第1、2戦では4番・吉田の後の5番に座った杉本だが、適時打は内野安打1本のみ。1敗1分けで舞台を京セラに移すと、吉田から離れる打順になった。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文692文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集