特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト「青木おじさん」、変わらぬ存在感 野手最年長で奮迅

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】二回表ヤクルト無死、青木が右前打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月26日、藤井達也撮影
【オリックス-ヤクルト】二回表ヤクルト無死、青木が右前打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月26日、藤井達也撮影

○オリックス1―0ヤクルト●(26日・京セラ)

 「石川じいさん」のそばには「青木おじさん」がいる。ヤクルトの最年長、42歳の石川雅規が今シリーズ初先発したこの日、互いにそう呼び合う野手最年長の40歳、青木宣親が初めて先発出場し、すぐに存在感を放った。

 二回無死で迎えた第1打席、オリックス先発の山岡泰輔に2球で追い込まれたが、3球目の内角への緩い変化球を右前にはじき返した。「自信を持って戦っていくこと。やらなきゃとか、ではなくて、必ずできると思ってやることが大切」。短期決戦を前に語った志を、バットで示した。

 六回は四球を選んだ後、代走・丸山和郁を送られ退いたが、3打席で2度出塁した。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文674文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集