特集

日本国憲法

日本国憲法は2022年5月3日、施行から75年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

立憲、改憲論議で維新と共闘?泉氏「そんなに差がない」で党内戸惑い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院憲法審査会に臨む森英介会長(左から4人目)。同3人目は立憲民主党の中川正春・野党筆頭幹事。同5人目は自民党の新藤義孝・与党筆頭幹事=国会内で2022年10月27日午前10時21分、竹内幹撮影
衆院憲法審査会に臨む森英介会長(左から4人目)。同3人目は立憲民主党の中川正春・野党筆頭幹事。同5人目は自民党の新藤義孝・与党筆頭幹事=国会内で2022年10月27日午前10時21分、竹内幹撮影

 立憲民主党と日本維新の会の憲法改正を巡る立場について「そんなに差がない」と表現した立憲の泉健太代表の発言が、27日の衆院憲法審査会で取り上げられた。両党の「共闘」をてこに改憲論議の主導権を握ろうとする維新に対し、立憲側に戸惑いが広がっている。

 発言は、21日に東京都内で行われた講演の一部。泉氏は、維新との共闘が「成功している」との認識を示し「維新は改憲政党ではあるが、そんなに差がないと思っている」と発言した。維新が自衛隊明記を掲げる9条改正も憲法審で…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集