日野自動車、最終利益70%減 不正の影響 9月中間

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日野自動車=村田由紀子撮影
日野自動車=村田由紀子撮影

 日野自動車が27日発表した2022年9月中間連結決算は、最終(当期)利益が前年同期比70・4%減の34億円だった。エンジンの排出ガスなどを巡る不正で、一部の国内向け車種の出荷を停止していることが響いた。

 売上高は6・4%増の7333億円となった。出荷停止で国内販売は大幅に落ち込んだが、アジアなど海外販売の増加で補った。

 …

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文258文字)

あわせて読みたい

ニュース特集