ECB、0.75%の大幅利上げ 2回連続 インフレ加速、引き締め継続

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ECB本部=ドイツ・フランクフルトで
ECB本部=ドイツ・フランクフルトで

 欧州中央銀行(ECB)は27日の定例理事会で、主要政策金利を1・25%から2%に引き上げることを決定した。0・75%の利上げ幅は2回連続。加速するインフレ(物価上昇)を抑え込むため、強力な金融引き締めを継続する。ラガルド総裁は理事会終了後の記者会見で、12月の次回会合で資産買い入れプログラムで保有する資産の削減に向けた基本方針を決めることも明らかにした。

 欧州連合(EU)統計局が19日に発表したユーロ圏19カ国の9月の消費者物価指数は、前年同月比の上昇率が9・9%と、記録が残る1997年以降の最高を更新した。エネルギー価格の上昇率は40%を超えており、最大の押し上げ要因となっている。食料品価格の伸びも11・8%を記録するなどインフレが加速している。ラガルド総裁は会見で、「物価上昇率を2%に抑える中期目標に向けさらに利上げを続ける」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文811文字)

あわせて読みたい

ニュース特集