スカーフ着用女性死亡 追悼式に1万人参加、警察と衝突か イラン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
髪を隠すスカーフのかぶり方が不適切だったとして女性が拘束され死亡したことに抗議するイランの女性たち=イランの首都テヘランで2022年10月1日、市民提供・AP
髪を隠すスカーフのかぶり方が不適切だったとして女性が拘束され死亡したことに抗議するイランの女性たち=イランの首都テヘランで2022年10月1日、市民提供・AP

 イラン西部クルディスタン州サゲズで26日、スカーフのかぶり方が不適切だとして風紀警察に拘束され急死したマフサ・アミニさん(22)を悼む集会が開かれた。最大1万人の市民が参加した。イラン学生通信が伝えた。アミニさんの死は反スカーフデモの契機となった。ロイター通信によると、警察側と集会参加者が衝突した可能性がある。

 学生通信は追悼式終了後にデモ参加者と警察との間で「緊張があった」と伝えた。

 ソーシャルメディアに投稿された動画によると、多くの市民が…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文379文字)

あわせて読みたい

ニュース特集