イラン、追悼集会で衝突 拘束死亡、女性の故郷に1万人集まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マフサ・アミニさんが埋葬された墓地へ向かう市民で埋め尽くされた高速道路=イラン西部クルディスタン州サゲズ近くで2022年10月26日、ソーシャルメディアの投稿から・ロイター
マフサ・アミニさんが埋葬された墓地へ向かう市民で埋め尽くされた高速道路=イラン西部クルディスタン州サゲズ近くで2022年10月26日、ソーシャルメディアの投稿から・ロイター

 イランでスカーフのかぶり方が不適切だとして風紀警察に拘束されたマフサ・アミニさん(当時22歳)が急死してから40日となった26日、アミニさんが埋葬された故郷の西部クルディスタン州サゲズに約1万人が集まり、大規模な抗議行動が起きた。ロイター通信によると、集まった人たちに警察が発砲し数十人が逮捕されたとの目撃情報があり、イラン学生通信も「衝突が起きた」と報じた。

 葬儀から40日目はイスラム教シーア派で宗教上の節目とされている。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文501文字)

あわせて読みたい

ニュース特集