特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマー情勢「進展どころか悪化」 ASEAN特別外相会合で協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インドネシアのジャカルタで行われた記者会見で話すインドネシアルトノ外相=2022年10月27日、AP
インドネシアのジャカルタで行われた記者会見で話すインドネシアルトノ外相=2022年10月27日、AP

 東南アジア諸国連合(ASEAN、10カ国)は27日、インドネシアの首都ジャカルタで特別外相会合を開き、昨年2月に国軍によるクーデターが起きたミャンマー情勢について協議した。同4月の臨時首脳会議で合意した国軍による暴力の即時停止などの5項目に進展がないことから、ミャンマー側の履行に向けた行動に期限を設ける必要性を確認した。

 議長を務めたカンボジアは声明で、「ミャンマーでは今も、非常に厳しく、危うい状況が続いている」と指摘。5項目について「明確で実践的、かつ期限を切った行動を通じて、さらに履行を確実なものにする」よう各国代表が求めたと説明した。会合開催を呼びかけたインドネシアのルトノ外相は会合後の記者会見で「ミャンマーの状況は進展がないどころか、悪化している」と述べた。ミャンマー側は出席しなかった。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文489文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集