特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシアの「汚い爆弾」投稿、スロベニア政府が反論「自国の煙探知機」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア外務省が24日投稿した、ウクライナの「汚い爆弾」製造に関するツイート=Twitterより
ロシア外務省が24日投稿した、ウクライナの「汚い爆弾」製造に関するツイート=Twitterより

 ロシアによるウクライナ侵攻を巡り、スロベニア政府の公式ツイッターが26日、ロシア外務省の投稿をリツイートし、「誤り」と指摘した。ロシア側が「ウクライナが放射性物質をまき散らす『ダーティーボム』(汚い爆弾)を製造している」として添付した画像について、「スロベニアの施設で、煙探知機」と反論。「汚い爆弾」を巡るロシアの主張については、米国などが「戦争拡大の口実」と非難している。

 スロベニアのツイートは27日午後、各国で拡散が続く。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文830文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集