WADA、ワリエワのドーピング問題で「懸念」 処分非公表のロシアに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北京冬季五輪で演技するカミラ・ワリエワ選手。ドーピング違反を巡る対応では16歳未満の「要保護者」であったため、論議を呼んだ=北京・首都体育館で2022年2月7日、貝塚太一撮影
北京冬季五輪で演技するカミラ・ワリエワ選手。ドーピング違反を巡る対応では16歳未満の「要保護者」であったため、論議を呼んだ=北京・首都体育館で2022年2月7日、貝塚太一撮影

 北京冬季オリンピックでドーピング問題が発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア)を巡り、世界反ドーピング機関(WADA)のバンカ委員長は27日、処分の有無などを機密事項として公表していないロシア反ドーピング機関(RUSADA)に「懸念」を表明し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴す…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

あわせて読みたい

ニュース特集