動物の足跡?35個発見 北海道・ナウマンゾウ化石発掘調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
足跡化石の発掘現場で添田雄二学芸員(中央)の説明を受ける見学ツアー参加者=北海道幕別町忠類で2022年10月22日、鈴木斉撮影
足跡化石の発掘現場で添田雄二学芸員(中央)の説明を受ける見学ツアー参加者=北海道幕別町忠類で2022年10月22日、鈴木斉撮影

 北海道幕別町で19~23日に行われていたナウマンゾウ化石発掘調査を巡り、町は26日、町内の忠類地区(旧忠類村)で、動物の足跡の可能性があるくぼみが35個、見つかったと発表した。このうち10個についてシリコーンなどで型取りし、分析を進める。足跡化石は「生痕化石」と呼ばれ、骨などのように生物の体そのものでなく、活動したことが分かる痕跡。

 調査は約12万年前の地層で実施した。数十万年前の氷河期に日本列島に生息し、長い牙が特徴のナウマンゾウ。ナウマンゾウの足跡とみられる大きさのくぼみはなかったが、ほかの動物の可能性があり、当時の生態を知る手がかりになり得るという。町教育委員会の添田雄二学芸員(49)は「詳細な調査ができ、研究が前進する」と手応えを語った。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文520文字)

あわせて読みたい

ニュース特集