岐阜グライダー墜落 山林で救出の80歳と61歳の死亡確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
グライダーの墜落現場で行方不明者の捜索をする岐阜県警の捜査員=岐阜県高山市で2022年10月27日午前10時26分、本社ヘリから
グライダーの墜落現場で行方不明者の捜索をする岐阜県警の捜査員=岐阜県高山市で2022年10月27日午前10時26分、本社ヘリから

 岐阜県高山市の山林にモーターグライダーが墜落した事故で、県警は27日、機内から救出した男性2人の死亡を確認したと発表した。いずれも心肺停止の状態で見つかっていた。県警によると、2人は同市国府町名張、無職、山田正勝さん(80)と同市江名子町、団体職員、日下部直人さん(61)。県警は墜落の原因や2人の死因を調べる。

 運輸安全委員会は航空事故調査官2人を派遣。今後、関係者から事情を聴いたり機体を調べたりする。西川輝調査官は「1年以内の報告書公表を目指す」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文551文字)

あわせて読みたい

ニュース特集