特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

もろ刃の剣は…命運握ったオリックス佐野皓大の「一振り目」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ヤクルト】一回裏オリックス無死、佐野皓が左翼線に二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月26日、藤井達也撮影
【オリックス-ヤクルト】一回裏オリックス無死、佐野皓が左翼線に二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月26日、藤井達也撮影

 プロ野球「SMBC日本シリーズ2022」の第4戦(26日、京セラ)でオリックスがようやくヤクルトから初勝利を挙げた。「しっかり振る」。指揮官のシンプルな言葉を体現した、今シリーズ初先発のリードオフマンが活路を開いた。

 「しっかり振ること。中途半端なスイングをするならちゃんと振らないといけない。打つべきボール、待つべきボールをしっかりやる。『行け』と言っているが、なかなか手が出ない」。オリックスの中嶋聡監督は第3戦に敗れた後、いまいち乗りきれない打線に対し奮起を求めた。1、2戦目は2桁安打、3戦目も8安打を放ったが、好機での一本やつながりを欠いた。

 「原点回帰」を求めた第4戦。1番打者には8年目の佐野皓大を今シリーズ初めて先発起用した。3戦まで代走と守備の出場が2試合のみだが、俊足と積極性が持ち味の26歳だ。

 一回の第1打席、佐野はヤクルトのベテラン左腕・石川雅規と相対すると、…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文861文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集