「特別な時間共有できた」 中村俊輔選手に天空のサプライズ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
横浜FCの選手らを乗せた便で機内アナウンスをしたソラシドエア副操縦士の向江遼平さん(左端)ら=ⒸYOKOHAMA FC
横浜FCの選手らを乗せた便で機内アナウンスをしたソラシドエア副操縦士の向江遼平さん(左端)ら=ⒸYOKOHAMA FC

 現役生活最後の試合を終えたサッカー元日本代表の中村俊輔選手に、天空のサプライズが待っていた。舞台となったのは、熊本発羽田行きのソラシドエアSNA20便。突然の演出を思い立った副操縦士は、20年以上、テレビの前で中村選手を応援してきた一人。中村選手をねぎらうアナウンスで機内は拍手に包まれ、副操縦士は「特別な時間を共有できた」と話している。

 サプライズがあったのは23日夜。この日、今季での引退を表明していた横浜FCの中村選手は、熊本市のえがお健康スタジアムであったロアッソ熊本とのJ2今季最終戦に出場した。試合は4-3で横浜の逆転勝利。試合を終えて乗り込んだ飛行機が和歌山県上空付近に達した時、機内アナウンスが流れた。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1182文字)

あわせて読みたい

ニュース特集