特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

「ドーハの悲劇」の地でサッカーW杯 柱谷哲二と井原正巳の悔恨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
柱谷哲二(左)と井原正巳
柱谷哲二(左)と井原正巳

 日本サッカー史に残る「ドーハの悲劇」が起きたカタールで11月20日、中東初開催となるワールドカップ(W杯)が開幕する。今大会の日本代表を監督として率いるのは、当時、中盤の選手だった森保一だ。あの時、主力だった当事者たちは「悲劇」をどうとらえ、今、何を思うのか。

 29年前の1993年10月28日。日本は終了間際の失点でW杯の初切符を逃し、選手たちはピッチに座り込んだ。

 「帰国後、1カ月近くはよく眠れなかった。失点シーンがふっと出てきて、跳び起きることもよくあって……」

 主将のDFで「闘将」と呼ばれた柱谷哲二(58)=岩手・花巻東高サッカー部テクニカルアドバイザー=はそう振り返る。

 94年W杯米国大会のアジア最終予選は93年10月15日から28日にかけ、ドーハで集中開催された。6チームによる総当たりのリーグ戦で上位2チームが本大会に進む。

 同年5月にスタートしたJリーグの盛り上がりを追い風に乗り込んだ日本だが、初戦でサウジアラビアと引き分け、2戦目でイランに敗れて窮地に追い込まれた。一体感を取り戻したのはその直後だ。

 MFラモス瑠偉が「なんでうちの選手はユニホームが汚れていないんだ」と奮起を促し、けがを押して参加していたDF都並敏史はFW中山雅史とカラオケセットを持って選手の部屋を回って…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1556文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集