日本でのスパイ活動は? 拘置所で国家安全部元職員が明かした実態

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北京市監獄=北京で1999年4月21日、ロイター
北京市監獄=北京で1999年4月21日、ロイター

 2016年7月、中国のスパイ取り締まり機関・国家安全部に拘束された日中青年交流協会理事長、鈴木英司氏(65)。拘置所にある「貴賓室」と呼ばれる部屋に入る機会が与えられたのは、17年夏のことだった。

 連載「邦人収監」は全3回です。 
 このほかのラインアップは次の通りです。
 【独自】北京空港で目隠し、突然の拘束
 第1回 新華社が報じていない話題は違法
 第2回 日本の研究者について聴いた取調官

 この日、再び寝起きする部屋が変わると看守から指示があった。同室者も変わることになる。

 …

この記事は有料記事です。

残り2497文字(全文2737文字)

あわせて読みたい

ニュース特集