「汚い爆弾」数日中に検査 IAEA、ロシア主張のウクライナ施設で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ニューヨークの国連本部=和田浩明撮影
ニューヨークの国連本部=和田浩明撮影

 国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は27日、放射性物質をまき散らす「汚い爆弾」製造に関与しているとロシアが主張するウクライナの施設2カ所で「2、3日中に検査を始める」と明らかにした。数日で結論が出るという。ニューヨークで国連安全保障理事会の非公開会合に出席後、記者団に語った。

 施設では核燃料から放射性物質を抽出した…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文243文字)

あわせて読みたい

ニュース特集