秋の風物詩「鮎やな」 料理味わいながら伝統漁法見学 宮崎・延岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大瀬川に仕掛けられた伝統漁法の「鮎やな」=宮崎県延岡市の大瀬川右岸で2022年10月26日午後1時22分、重春次男撮影
大瀬川に仕掛けられた伝統漁法の「鮎やな」=宮崎県延岡市の大瀬川右岸で2022年10月26日午後1時22分、重春次男撮影

 宮崎県延岡市の秋の風物詩となっているアユ漁の仕掛け「鮎(あゆ)やな」が、大瀬川に設置された。川沿いは見学用の桟橋や、アユ料理を楽しめる野外施設もあり、行楽客らでにぎわっている。

 鮎やなは300年以上の歴史がある伝統漁法。川の中に丸太で組んだ約100メートルのせきを設け、産卵のために川を下るアユを、竹を…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集