旧優生保護法賠償訴訟 手術証明の要求 原告側「救済法に反する」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡地裁=福岡市中央区で
福岡地裁=福岡市中央区で

 旧優生保護法(1948~96年)下に強制不妊手術を受け、憲法が保障する幸福追求権などを侵害されたとして福岡市の聴覚障害のある夫妻が国に損害賠償を求めた訴訟の第11回口頭弁論が27日、福岡地裁(上田洋幸裁判長)であった。国側から提出された主張で「優生手術を受けたことの立証」を求められている点について、原告代理人が…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

ニュース特集