イプシロンの失敗原因「配管詰まりか、弁の動作不良」 JAXA

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 衛星の打ち上げに失敗したイプシロンロケット6号機について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、姿勢制御に用いるガスジェット装置が機能しなかったのは「配管が詰まった」「弁が正常に動かなかった」のいずれかが原因とする分析結果を明らかにした。事故原因を調べる文部科学省の有識者委員会に報告した。

 原因かもしれないとされていた「弁につながる電気系統の異常」は分析で可能性を否定した。

 今年度の1号機発射を目指すH3ロケットの姿勢制御装置の弁は6号機と同じメーカーの別製品で、発射場で機体に取り付ける仕組み。JAXAは影響があるかどうかを調べている。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文483文字)

あわせて読みたい

ニュース特集