特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

広陵、米子東を降す 創志学園コールド勝ち 秋季高校野球・中国

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校野球秋季中国大会1回戦 広陵が米子東を5-1で降す=広島県のぶんちゃんしまなみ球場で2022年10月28日午後0時49分、生野貴紀撮影 拡大
高校野球秋季中国大会1回戦 広陵が米子東を5-1で降す=広島県のぶんちゃんしまなみ球場で2022年10月28日午後0時49分、生野貴紀撮影

 高校野球の秋季中国大会は28日、広島県尾道市のぶんちゃんしまなみ球場などで1回戦の4試合があった。

 光(山口3位)は今夏の甲子園に出場した浜田(島根1位)を3―0で破った。広陵(広島1位)は5―1で米子東(鳥取3位)を降した。宇部鴻城(山口2位)は三刀屋(島根2位)に9―3で大勝した。今夏の甲子園出場の創志学園(岡山2位)は広島商(広島2位)に10―2で七回コールド勝ちした。

 広陵・中井哲之監督 (先発の)倉重は味方のエラーで慌てそうなところでも、落ち着いてよく辛抱して投げてくれた。(3番・真鍋は)あれだけ内角を攻められるのも、守備のシフトを敷かれるのもしょうがない。その中でセンター中心によく打ち返していた。

 宇部鴻城・尾崎公彦監督 (スクイズがよく決まった)選手の動きが硬く、思い切りがなかったのでベンチから動いた。(2番手の)山口は途中から投げるということはあまりないが、落ち着いて入っていってくれた。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集