特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

駐日ロシア大使が離任へ 「知日派」も強行な発言目立ち 後任は未定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ガルージン駐日ロシア大使=東京都港区で2021年4月、大前仁撮影
ガルージン駐日ロシア大使=東京都港区で2021年4月、大前仁撮影

 ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使(62)が11月にも離任することが29日明らかになった。日露双方の外交筋が確認した。2018年1月に就任後、流ちょうな日本語を話す「知日派」として知られたが、日露の平和条約問題やロシアによるウクライナ侵攻を巡り強硬な発言も目立った。後任の大使は未定という。

 ガルージン氏はソ連時代を含め計4回、日本に駐在した。1990年代に日露首脳会談で通訳を務めたほか、駐インドネシア大使などを歴任。日本を離任した後は、駐中…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集