鳥インフル、北海道で今季初確認 国内2例目 道内では過去最速

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道厚真町で発生した高病原性が疑われる鳥インフルエンザに対応するため、道は対策本部会議を開いた=札幌市で2022年10月28日、山田豊撮影
北海道厚真町で発生した高病原性が疑われる鳥インフルエンザに対応するため、道は対策本部会議を開いた=札幌市で2022年10月28日、山田豊撮影

 北海道は28日、厚真町の養鶏場で食肉用鶏から致死率が高い高病原性が疑われる鳥インフルエンザを検出したと発表した。約17万羽を殺処分する。鳥インフルは秋から「シーズン」が始まるとされ、道内では今季初、国内では岡山県倉敷市に次いで2例目に早い発生となった。道内での確認として過去最速という。道農政部の担当者は「ここまで早いのは例がない」と語る。【真貝恒平、山田豊】

 27日午後2時ごろ、厚真町の養鶏場から胆振家畜保健衛生所に「約70羽の鶏が死んでいる」と通報が入った。胆振家畜保健衛生所の担当者が養鶏場を訪れて簡易検査を実施し、「A型インフルエンザウイルス」が確認された。28日午前、石狩家畜保健衛生所の遺伝子検査でも陽性(H5亜型)が確認された。

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1402文字)

あわせて読みたい

ニュース特集