近づけない祈りの場、フェンス越しに手合わせ 沖縄・旧牧原集落

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米軍嘉手納弾薬庫内にある「チチェーン御嶽」に向かい祈る元住民の女性=沖縄県読谷村で2022年10月4日、喜屋武真之介撮影
米軍嘉手納弾薬庫内にある「チチェーン御嶽」に向かい祈る元住民の女性=沖縄県読谷村で2022年10月4日、喜屋武真之介撮影

 金網を隔てて20メートルほど先にある小さなほこらに向かい、集まった数人が静かに手を合わせる。足元に敷いたゴザの上には供え物のバナナやリンゴなどが置かれていた。

 戦後に米軍用地として強制接収された沖縄県読谷(よみたん)村の旧牧原(まきばる)集落の住民やその子孫にとって、集落内にあった「チチェーン御嶽(うたき)」は、米軍嘉手納弾薬庫の敷地になり近づけなくなった今もかけがえのない祈りの場だ。琉球王国時代から沖縄の集落ごとにある御嶽は、その地域の人たちにとって神聖な場所で、さまざまな祭祀(さいし)が行われてきた。しかし、戦後に数多くの御嶽などの…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

あわせて読みたい

ニュース特集