農水省、防疫措置の継続要請 鳥インフルエンザ確認受け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
農水省=東京都千代田区で、米田堅持撮影
農水省=東京都千代田区で、米田堅持撮影

 農林水産省は29日、北海道と岡山県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、専門家の会合「家きん疾病小委員会」をオンライン形式で開いた。発生した農場の周辺でカモ類が確認されたことなどが報告され、防疫措置の継続や、ウイルスの侵入防止対策の徹底を求めた。

 会合は非公開で行われた。農水省によると…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文324文字)

あわせて読みたい

ニュース特集